泣く赤ちゃんと接し方について

subpage01

赤ちゃんは泣くのが健全でありますが、なかなか泣き止まないこともあると思います。
考えられる原因はいくつかあると推測できますが、赤ちゃんはお父さんやお母さんの反応に敏感ですので、まずはお父さんとお母さんの精神を落ち着かせ、おおらかに構えていることが必要です。

身近にいるお父さんやお母さんが安定して笑っていると、赤ちゃんも泣くことが少なくなり、だんだん落ち着いていきます。



とはいえ、毎日笑っておおらかにいるというのも難しいので、そういう時は二人で支えあい、気持ちをリフレッシュさせるために赤ちゃんから離れて一人になったりどこかへ行くことも必要です。
また、おむつやお腹がすいたという生理現象や抱っこ、あやしたり、暑さ寒さの調節しても泣くなど、考えられる限りのことをしても泣き止まない場合はいわゆるかんのむしということも考えられます。


理由がなくても泣くことがありますので、目先を少し変えてみることも重要です。


泣く赤ちゃんの興味を引くものを動かしてみたり、おとなしくなるような静かな曲を聴かせてみたりしましょう。


子供はかわいいものですが、それでも毎日育児に追われていると辛くなります。

もし辛くなったら一人で抱え込まずに、専門家に相談することも必要です。

辛さを理解してもらえたり、育児についてのアドバイスをもらうこともできます。



自分を追い詰めず適度に過ごすことで、お父さんやお母さんの精神面にもいい影響を与えることができます。