赤ちゃんが泣く意外な理由とは

subpage01

赤ちゃんは泣くことでなにかを訴えていますが、泣き声の様子や強さ、泣き始めた前後の様子などから、だんだんと赤ちゃんが何で泣いているのかがわかるようになってきます。
しかし、時には思い当たることをすべて対処しても、泣きやまないということがあるでしょう。


そんな時に、大人では考えられないような赤ちゃんの泣く意外な理由を知っておくことで、対処できるかもしれません。



意外な泣く理由のひとつめに、かゆみがあげられます。歯が生え始める時や、虫に刺された時、傷が治りかけている時や耳の中のかゆみなど、体のどこかがかゆくなる原因は様々です。赤ちゃんが体の一部分をしきりにさわるような仕草がみられたら、その部分がかゆい可能性があります。

注意して見てみるとかさついていたり、赤くなっている部分がみつかるかもしれません。
次に空気を察知して泣くということも考えられます。
近くにいる人がイライラしたり、怒っていたり、忙しそうにしている様子を見せると、いつもと違う雰囲気が漂い、これが泣きの原因につながることがあります。
家事をしている時や夕方の忙しい時間帯になると泣きだす黄昏泣きは、興味関心の対象が自分からそれていることを感じ取っていると考えられます。
そしてあまりにもひどく泣く場合には、なにか病気が隠れていることも考えられます。



いつもと違い泣き方が激しかったり、これに加えてなにも食べなかったり飲まなかったりする場合には、病院に相談した方が良いといえるでしょう。